あなただけに捧げる、極上の銘酒

飲み会に行くよりも、家で一人静かに美味しいお酒を一杯酌したい気分。そんな時に落ち着いた雰囲気のBarに出向くことがおすすめだ。そこでウィスキーを一杯。ウイスキーは一人で静かに飲んだり、少人数で何かを考えながら、ゆっくり飲むのにも適している。初心者はウイスキーと聞くだけで強くて飲みづらいお酒というイメージを連想し抵抗を感じがちだ。しかし、実は飲み方さえ知っていればウイスキーは誰でも楽しめる。ウイスキーに合うおつまみ。それは実際「ケースバイケース」である。さまざまな味わいを教えてくれるウイスキーほど深い飲み物はない。

ウイスキーは、ストレートで飲むのが王道だ。まずは水を一口含み味覚をリセットする。グラスに入ったウイスキーを、少し揺らして氷の周りにウイスキーが溶けてできる琥珀色のかげろうを愉しみながら、ニオイを確かめる。これは、ニオイと味のギャップを感じるために必ずしよう。最後に味見感覚の量を、口に含んで舌でウイスキーを味わう。そして、ウイスキーの味が消えてきたら、水を一口飲んで、味覚をリセットする。ニオイと味の違いがわかるようになれば、もう上級者の仲間入りだ。ゆっくりと静かにお酒をたしなむ。そんな言葉がしっくりくるのがウイスキーだ。